二十四節気七十二候:立春

February 9, 2016

立春の次候(2月9日〜2月13日)

「黄鴬睍睆(うぐいすなく)」

春の訪れを告げるウグイスが美しい鳴き声を

聞かせてくれるころ、といういみ

 

「梅にうぐいす」ということわざ、

ご存知ですか?

ぴったりあった組み合わせ、とか、

調和がとれている、

といういみなのですが、

春に最初に咲く花「梅」と

春を告げる鳥「うぐいす」は、

春を感じるまさにぴったりの組み合わせ、

ということで絵柄としても言葉としても

よくつかわれています。

 

そういえば、大学生のころ、

4年間「銀座あけぼの」

という和菓子やさんでアルバイトしてたけど、

この時期には必ず「梅にうぐいす」

というお菓子があったなぁーと

思い出しました。

 

今日はそんな「梅に鶯」柄の

お気に入りの器をご紹介します。

5年くらい前に、

麻布十番の骨董店「にしかわ」で

見つけたお椀と、昨年、笠間焼きに

遊びに行って見つけた、

坂場圭十さんのお皿です。

 

今夜はパリ出張から帰ってきたばかりの

妹を招いてのんびりごはん会。

メニューは

 ・鷄スペアリブのから揚げ(甘辛名古屋味)

 ・菜の花の辛子あえ

 ・鯛茶漬け(いくら醤油漬けも添えて)

 *写真には写っていないけど、

  お酒は、ポルトガルの定番微発泡白ワイン、

  「ヴィーニョヴェルデ」を合わせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

© 2023 by Beyond the Frame. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon